キャッシングお得情報、ブラックでも安心

キャッシング

キャッシング2

キャッシング利用枠とは?

クレジットカードを申し込む時のキャッシング枠というのは、そのキャッシング機能の限度額をいくらに設定しますか、というものです。キャッシング枠があればクレジットカードを使って銀行やコンビニのATMから現金を引き出すことができます。
しかし、銀行のキャッシュカードとの違いは後に返済をする必要があるということです。請求月に、引き落とし口座から利用した金額分とさらに利息分が引き落とされることになります。クレジットカードのキャッシングの金利は、100万円未満の場合で18.0%、100万円以上で15.0%が多いようです。こちら
キャッシングというのはいざ現金が必要となった時に非常に便利ではありますが、結局は借金をしているのと同じことなので利用には気をつけないといけません。おすすめ
それなので、複数のクレジットカードを持っている場合は、メインのクレジットカード以外のキャッシング枠は0にしてしまってもいいかと思います。

キャッシング利用枠は必要なのか?

キャッシング枠なくてもいいんじゃないかと思う方もいるかもしれませんが、お金が急に必要になった時に、すぐにお金を用意できるのがキャッシングのメリットです。
例えば、引っ越しを急にしないといけなくなった、カードの請求額が多いのに引落し口座に残高が足りない、海外旅行で現地で現金を引き出したいといったケースです。キャッシング枠の金額は、カードごとに異なります。通常は20万~30万円程度に設定されることが多いようです。自分のカードにいくらキャッシング枠が設定されているかわからない場合は、カードの利用明細か会員ページで確認しましょう。もしキャッシング枠がついていなかったら、改めてカード会社に申込む必要があります。会員ページや電話で申込めます。もちろん審査があるので、枠をもらえない可能性もあります。申込時に、他社の借り入れがあるとキャッシング枠の審査に落ちる可能性もあるようです。

キャッシング3

キャッシングの審査はどんなことが行われているのでしょうか。どんな人が審査に通り、通らないのでしょうか。中には自分には所得がそこそこあるのに、審査に受からなかったという方もおられるかもしれません。
しかし、審査を行うのに、年収だけ見ているわけでは無いのです。実際、キャッシング業者や銀行が審査を行う際に、顧客のいろいろな要素を考慮して審査することを「与信スコアリングシステム」と言います。詳しくは
それには「職業」「年齢」「家族構成」などの“属性”に基づくタイプと、「返済状況・実績」「借入状況」などの“信用情報”に基づいて、そのシステムが決定されていきます。

与信スコアリングシステムの具体的な中身

例えば、職業についていえば公務員や大手企業に勤務している人は審査に有利ですが、アルバイトまして無職になると、審査に通る可能性はほとんどありません。また、収入があっても、派遣社員や契約社員よりも正社員の方が有利に働きます。
年収はどうでしょうか。もし、400万円以上の年収があれば、ほぼ審査が通るといって良いでしょう。
また、勤続年数も審査に関係してきます。10年以上勤務している方と1年未満の方であれば、前者に有利に働きます。そして、住居の形態も影響します。本人名義の持ち家や家族名義の持ち家に住んでいる人は、審査が有利ですが賃貸や公営住宅の人はリスクがあるということで不利になります。そして“信用情報”についてです。
例えば、過去の借り入れ実績が多い方の方が、全くキャッシングの経験が無い人より有利になります。ただ、現在の借り入れ金額が少ない方が審査には有利です。そして、他社も含めた借入件数が少ない方も有利です。このように様々な要素が、審査には影響しているのです。

キャッシング4

お金を借りたいと思っていても、果たして自分は審査が通るのだろうか…と不安に思われるかもしれません。でも、どんな人が審査を通り、どんな人が審査に通らないのでしょうか。それを今日は前もってお知らせしたいと思います。

審査が通らなくなってしまう状況

具体的にどの企業が通りやすい、通りにくいとはここでは出すことはできませんが、一般的に次のような項目に当てはまると審査にひっかかってしまう可能性があります。まず、当然ですが金融機関は過去に他社を含めてお金を借りたことがある人の返済が滞っていないかを調べます。金融機関同士で、信用情報会社に審査を申し込んだ人の情報を照会にかけるので、過去の情報もすぐに分かってしまいます。あなたは、それは個人情報の保護に問題があるのではないかと思われるかもしれませんが、すでに以前のキャッシングを行うための契約を行った時点で、金融機関が信用情報機関にあなたの事故情報(過去のキャッシングの返済状況に基づく信用情報)に同意しているので、その情報を一定期間(長期延滞情報なら1~5年、債務整理なら5~10年)、信用情報機関は保管できるようになっているのです。通常、長期延滞になったらどの金融機関でもほぼ審査を通るというのは難しいでしょう。そして、法律に基づいた債務整理、例えば、破産、任意整理、民事再生などを行ったりすると、ほぼ再度キャッシングを行うということは不可能になります。また、代位弁済と言って、これは家族とかではなく、金融機関が保険をかけている保証会社などが代わりに返済した場合も、同様にその後の審査通過は難しくなってしまいます。もし、そうなってしまっても、決してヤミ金などに手を出さないようにしましょう。

キャッシング5

キャッシングならコンビニATMが便利!

借入れと返済は最寄りのコンビニで!

消費者金融にしても銀行のカードローンにしてもクレジットカードのキャッシング機能にしても、借入れと返済の使い勝手はとても大事です。自宅でネットを使って手続きするのもいいですが、パスワード忘れがあったり現金を実際に手にとって操作するわけではないので何かと不安だったりという人も少なくないでしょう。かといって消費者金融オリジナルのATMは人目が気になって入りずらいという人もいます。そんな時はネット機能に加えてコンビニATMを利用するのが手です。コンビニは全国にありますし24時間営業しているのが普通です。しかも何かと立ち寄ることが多いので、買い物のついでにキャッシング&返済ができるのが便利です。

コンビニATMが手数料無料の金融機関は?

せっかくコンビニATMでキャッシングするなら、どうせなら手数料無料のところを選びたいものです。というわけで手数料ただで取引できる金融機関をご紹介します。新生銀行グループの「レイク」です。こちらは消費者金融ではなく銀行のカードローンの扱いですが、提携ATMやレイクのATMがいつでも何度でも無料で使えます。セブン銀行やローソンのATM、またファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップなどのイーネット系の店舗で借入れや返済が可能です。これだけのカバー率であればたいていどこの地方にもあるのでとても使い勝手が良いです。ちなみにレイクと言えば2つの選べる無利息期間サービスで有名です。5万円までの借入れが180日間も利息無料のタイプか、金額制限のない30日間無利息のどちらかを選べます。キャッシングと一口にいっても借入れ額や返済期間は人それぞれですから、こうやって都合の良いタイプを選べるのはお得です。レイクのコンビニATM利用も併用して、少しでもお得なキャッシングを目指しましょう。